2005.7 千葉県 大原オートキャンプイン

2005年7月、2回目のキャンプは千葉県は九十九里海岸南に位置する大原オートキャンプインへ出かけた。
片道240km、行きは首都高、京葉道路の渋滞で6時間かかったが、帰りは木更津・東京湾アクアライン・東名川崎インターを経由して4時間弱の行程だった。

 キャンプは奉遊会の行事で、今回は小学2年生から5年生までの5人の子供達と一緒だった。小学校5年生の女の子は7年前に子供達を招待するキャンプをはじめたときに参加しており、ご本人は私の顔は覚えていなかったが、当時の面影が残っており、久しぶりに会ってその成長ぶりに驚かされた。

 キャンプ場は以前日本オートキャンプ協会直営のキャンプ場であったが、運営維持困難で閉鎖したところを某キャンプグッズメーカーにお勤めであった方が会社を退職し、新オーナーとなって新生キャンプ場「大原オートキャンプイン」としてはじめられ、旧知の方でもあり、以前のキャンプ場施設は完全に撤去された後で、水道、電気設備は完全に新設と同じ工事を余儀なくされたが、撤去時の残骸が場内各地に埋却されていて大変だったなど、経営開始までのご苦労話をうかがうことが出来た。

 キャンプ場は大きく4つに分けられており、電源サイトは現在20サイトで将来的には倍以上の電源サイトが目標とのこと。またサニタリー施設も増設計画があるとのことであった。
 また、キャンプグッズも各メーカーのものをレンタルグッズとして用意して、テントなど実際に体験して選定することができるよう、キャンプ入門者に情報提供できるキャンプ場を目指したいともおっしゃっていた。


  


   


    


戻る  TOP